ブログトップ

Le bel arbre

lebelarbre.exblog.jp

<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初心に戻って


カリキュラムの再製作をしていますと、

色んな事を思い出します。


パーチメントクラフトは、1枚の紙を

いくつもの工程を経て、1つの作品へと

変化していきます。


代表的な技術が、浮き彫り加工と言われるエンボス。

そして、針を刺してその針穴を1つ1つ丁寧に

カットする事です。


f0372618_08464534.jpg


こちらは、エンボスした「ポコポコ」感です。


習い始めた時、同じ様な角度から見ては

「へー。ポコっとしたぁ!」と感動しました。


この角度から写真を撮るとは、

この視覚と感覚が大好きなんだと

実感せざるを得ません。笑。


f0372618_08480182.jpg


もう1つのカットは、手作業で針穴をあけて

1つ1つをカットするわけですので、

時間もかかります。

カットする時の「パチン」と言う音が

大変心地よいことと、

決して短時間でカットをして

仕上がるものではありません。

なので、カットし終えた達成感がうれしいのです。




それは、生徒の時も講師となった今も

変わることはありません。


そういう気持ちを思い出す事も、

時には必要な事だと

そう思いました。


素敵な連休最終日をお過ごしくださいませ。



にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ

にほんブログ



にほんブログ村


[PR]
by cocosmacadamia | 2017-09-18 13:45 | Parchment Craft | Comments(0)

時を経て


昨年9月に、「忘れていた事」と題して

記事を書きました。


その時の記事には、大正時代の母校の教会のお写真。

もう一つは、また今度と書いたままでした。


「また今度」とは、卒業アルバムの

クラス写真のページに載っていました

担任の先生からの聖書の一節のプレゼントでした。


いつか、カタチにしたいとずっと思っていました。


カタチとは、何か、、、。

私に出来ることは、2つ。


それは、カリグラフィーとパーチメントクラフトです。


カリグラフィーの作品にするには、文章が短すぎます。

短い文章が悪いわけでは決してありませんが、

その時書いている書体の終了作品にするには

短かったのです。


そんな時、私が所属しているパーチメントクラフトの

お教室の作品展の開催が決定し、

2つのコラボ作品として

制作することにしました。


担任の先生から頂戴した御言葉とは、、、

「目に見えるものは一時的であり

目に見えないものは永遠に続くのである。

コリント人への第二の手紙 第4章18節」



色んなことがあった後でしたので、

心に響きました。


そして出展致しましたものがコチラ。

f0372618_08514710.jpg


作品の大きさはA3です。丁度いい長さの文章です。


今は、我が家のリビングに飾っています。


卒業アルバムを貰った時は特に何も思わず、

書かれていた事すら忘れておりましたが、

何十年も経ってやっと心に響きました。

そして癒されました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
にほんブログ



[PR]
by cocosmacadamia | 2017-09-12 12:20 | Parchment Craft | Comments(0)

ディプロマコース


ようやく涼しくなって参りました。


9月も宜しくお願い致します。

さて、ディプロマコースをご受講下さいました。

なんでも器用にこなされるO様。

こちらのエクラリボンも丁寧にお作り下さいました。

お色は、ブラック✖️クリアです。

早速、ご自身のお鞄に付けてお帰りになりました。

その後のお話も楽しかったです。

お越し下さいましてありがとうございました。

f0372618_18013146.jpg


観賞用のカボチャをお土産にいただきました。


f0372618_15141837.jpg

ハロウィンまで大切に飾らせていただきます。







にほんブログ村


[PR]
by cocosmacadamia | 2017-09-10 15:20 | Eclat Ribbon | Comments(0)